二八そばの作り方

そばの歴史と食べ方のマナー

江戸はそば、関西はうどんという言葉がある通り、江戸時代、今の東京の下町に住む江戸っ子は、特にそばを好みました。食べるときには、その食べ方に一種の粋と趣味性を見出していて、現在でもその頃のそばの食べ方の作法が色濃く残っていています。食べ方を大人の常識として、あるいは大人のマナーとして知っておくと、様々なシーンで生きてきますので、身に付けておくと余計な恥をかかないですみます。 食べるときはツユにどっぷりとつけてるのではなく、ほんの三分の一程度にします。これは関東のツユが濃いことと、ツユによってそばの風味や香りを損なわないようにするためです。すするときは音を立ててすすっても、マナー違反にはなりません。むしろ口の中でぐちゃぐちゃと咀嚼しないこと、そばを噛み切って落とさないことが大切です。そば屋に大勢で行かないこと、お店に入ったら長居はしないで、酒を飲むのでなければ食事が済んだら、すぐに帰ることも野暮と言われないためのマナーです。

pickup



性病

2019/7/12 更新


ページの先頭へ

copy right (c) SOBA! all right reserved